特色

ことば

音の響き(音声・音韻論)、意味の広がり(語彙・意味論)、表記の豊かさ(文字・表記論)、会話の多様なはたらき(談話研究)など、ふだん意識することのない日本語の側面を、学問として掘り下げます。日本語を母語としない人たちに日本語を教える理論と技術(日本語教授法、日本語教育インターンシップなど)も学ぶことができます。

文学

万葉の昔から平成の今日までの様々な文学作品(上代/中古/中世/近世/近代文学購読、文学研究)や児童文学(児童文学論)を学ぶことができます。日本文学の学びに欠かせない漢文系列の科目(漢文学購読、東アジア思想文学)も充実しています。これらの学びを通して、中学・高校の国語の教員として教壇に立つ実力(国語教育実践研究)を養うことができます。

文化

日本の文化を多面的に学べる科目(日本の芸能、日本の伝統文化、現代文化)を設けています。東アジアの伝統芸術である書道(書道、書道史、書論・鑑賞学)のほか、本学の位置する阪神間について(阪神間の文化)、兵庫から世界へ向けた文化の歴史(文化交流史)を学ぶことができます。こうした文化を財産として守る術(知的財産論)も学ぶことができます。

コミュニケーション

口頭表現・身体表現を含め(身体表現法)、自分の思いを相手に的確に伝えるためのさまざまなスキル(情報デザイン)を、実践を通して身に付けることができます(プレゼンテーション技法)。グローバルな視野を養う外国語科目(中国語概説、韓国語概説、英語で読む日本)や留学(海外文化体験演習)も卒業単位として認定されるので、グローバル社会への架け橋とすることができます。