教員の紹介

平田 光彦 [ひらた みつひこ] 准教授

平田 光彦 准教授
連絡先
mhirata★mukogawa-u.ac.jp
(注)★を@に変えてお送りください。

書を専門としていますが、芸術全般、特に視覚芸術に興味があります。
書については、書学書道史、書写書道教育、実作の研究をおこなっています。実作では、近年は仮名や漢字仮名交じりを含む和様の書を中心に取り組んでいます。
書は様々な表現や領域と相関しますので、書くことも学ぶことも楽しいと思います。また本学では、高等学校一種の書道教員免許も取得可能です。
関心のある方は一緒に勉強しましょう。

担当教科 【18年度】
書道 Ⅰ〜Ⅳ,書道史Ⅰ〜Ⅱ,書の美の世界,演習Ⅰ,日本語ライティングⅠ〜Ⅱ
【19年度】
書道Ⅰ〜Ⅳ,書道科指導法Ⅰ〜Ⅱ,演習Ⅰ〜Ⅱ,初期演習Ⅰ〜Ⅱ
専門領域 人文学(芸術学,書道),社会科学(教育学)
所属学会 日本デザイン学会(査読委員),
意匠学会,官能評価学会,
全国大学書写書道教育学会(理事),
書学書道史学会,大学書道学会,
公益社団法人 日展(会友),
読売書法会(理事),
公益社団法人 日本書芸院(評議員),
全日本書写書道教育研究会(副会長:2018年3月まで)
経歴 ・1996年3月 京都教育大学卒業
・1996年4月〜2009年3月 京都府立高等学校 教諭(東舞鶴高等学校,亀岡高等学校)
・2009年4月〜2018年3月 国立大学法人 岩手大学 准教授
・2018年4月〜 武庫川女子大学 准教授
この間,兼業として,
国立大学法人 奈良教育大学(2015年10月〜),
国立大学法人 弘前大学(2016年4月〜),
放送大学に非常勤講師として出講
主な業績 【論文】
・右払いやはねから感受される視覚的効果(『書写書道教育研究』第31巻,2017)
・王朝仮名古筆にあらわれた美の諸相(『岩手大学教育学部研究年報』第75巻,2016)
・楷書の点画構成における“はね”を有する画の美的印象(『デザイン学研究』第61巻4号,2014)
・書の展示と鑑賞に関する研究2 -展示要素とスペース・シンタックス理論による空間分析-(『月刊書道専門誌 書の美』第144号,2014)
・文字の下部における縦画の美的強調(『日本官能評価学会誌』第17巻2号,2013)
・平泉文字資料の筆跡(『平泉出土文字資料検討会中間報告発表要旨』,2012)
ほか
【受賞等】
・岩手大学 優秀教員表彰(2015)
・日展 入選(2006,2008,2011〜2018)
・日本書芸院展 史邑賞(2013,2014)
・日本書芸院展 魁星作家オーディション 選抜(2014)
・読売書法展 読売新聞社賞(2005)