教員の紹介

工藤 彰 [くどう あきら] 講師

工藤 彰 講師
連絡先
akudo★mukogawa-u.ac.jp
(注)★を@に変えてお送りください。

人文学と情報学の融合したデジタルヒューマニティーズという領域で研究を続けてきました。テキストを数値、グラフ、地図、ネットワークといった様式に変更しながら、文学作品の特徴を読み解いていくのが特徴です。ゼミでは、解析に加えて、文学や芸術に関わるコンテンツを作ります。テキスト解析とコンテンツ制作という実践的な方法論を通して、研究や創作の面白さに目覚めて欲しいと思っています。

担当教科 情報リテラシー、言語データ分析、情報デザイン、言語情報・文献管理特論など
専門領域 デジタルヒューマニティーズ、人文情報学、文芸テキスト解析
所属学会 日本デジタルヒューマニティーズ学会、Alliance of Digital Humanities Organizations
経歴 東京工業大学大学院社会理工学研究科 博士(学術)
東京大学 学術振興会特別研究員PD・特任助教
東京工業大学・東洋英和女学院・国立音楽大学・首都大学 非常勤講師
主な業績 著書
・量から質に迫る-人間の複雑な感性をいかに「計る」か(共著、新曜社、2014)
論文
・芸術を専攻しない学生のための省察的表現教育実践 授業感想文のテキストマイニングによる教育的意義と効果の検討(美術教育学研究 、2017)
・リアルタイムの創作情報に基づいた作家の執筆スタイルと推敲過程の分析(日本認知科学会奨励論文賞、認知科学、2016)
・小説の再帰的デザイン(デザイン学、2015)
・共通語の布置と変化に基づく並行形式小説の物語構造(情報知識学会、2012)
・映画と演劇の批評文における固有名の関係性と役割の計量分析(情報知識学会、2012)
・計量分析による村上春樹長篇の関係性と歴史的変遷(情報知識学会、2011)