教員の紹介

村山 太郎 [むらやま たろう] 専任講師

村山 太郎 専任講師
連絡先
tmura89★mukogawa-u.ac.jp
(注)★を@に変えてお送りください。
ゼミブログ
村山ゼミブログ
ゼミ紹介記事

言説論や物語論を援用して、中古文学テキストの表現性を明らかにしたり、それを踏まえた古文教育を考えたりしています。中古文学テキストは『源氏物語』を中心に研究しています。また、古文教育は、中高教育現場での経験も踏まえつつ、学習者の〈今〉に密接に関わる古文学習を考えています。

担当教科 古文入門 国語科指導法 など
専門領域 中古文学、古文教育
所属学会 中古文学会 日本文学協会
経歴 広島大学大学院教育学研究科文化教育開発専攻(博士課程後期)卒業
博士(学術)取得
広島大学附属福山中・高等学校国語科教諭
主な業績 「『源氏物語』論―〈産む性〉と『源氏物語』テキストの「対話」」、広島大学国語国文学刊『国文学攷』第168号、2005 年
「『源氏物語』研究―『源氏物語』テキストの「対話」性の分析とその教材化―」(博士論文)、広島大学、2006年
「〈自分らしさ〉を迫る時代の国語の学習」、広島大学国語教育学会刊『国語教育研究』第49 号、2008 年「学習者とテキストとの出会い」、広島大学附属福山中・高等学校刊『中等教育研究紀要』第51 巻、2011年
「古文学習のアポリアの向こう側―『平家物語』テキストと学習者との出会い―」、広島大学附属福山中・高等学校刊『中等教育研究紀要』第53 巻、2013 年