教員の紹介

佐藤 勝之 [さとう かつゆき] 教授

佐藤 勝之 教授
連絡先
satokats★mukogawa-u.ac.jp
(注)★を@に変えてお送りください。
ゼミブログ
佐藤ゼミブログ

日本語と英語の対照の視点から言語の問題を考えています。
また、ハリデー(M.A.K. Halliday) の主唱する選択体系機能理論(Systemic Functional Theory)の日本での普及に努めています。
詳しくは日本機能言語学会のホームページをご覧下さい。

担当教科 言語学、音声・音韻論、談話研究論
専門領域 機能言語学、テクスト分析
所属学会 日本機能言語学会、関西言語学会
経歴 1961年 東京生まれ。
1984年 立教大学文学部英米文学科卒業。
1987年 立教大学大学院文学研究科英米文学専攻博士前期課程 修了。
1989年 法政大学大学院人文科学研究科英文学専攻博士後期課程中退。
同年より 武庫川女子大学専任教員。
主な業績 著書(共著)
・龍城正明(編)『ことばは生きている-選択体系機能言語学序説-』くろしお出版 2006.
論文
・Condensation and Transformation of Information in Text,『人文学会論叢』XV,1-18,1994
・「談話の展開における『観念構成的結束性』と書記テクストの分類」,JASFL Occasional Papers Vol.1,No.1,91-101,1998.
・「『意味としてのテクスト』 の諸相―選択体系理論の観点から―」(1)/(2)/(3)、『武庫川国文』60/61/62、2002/2003a/2003b.
・Constructions of Figures, JASFL Occasional Papers Vol.3,No.1,93-104,2004.
・「文言テクストの2つの解釈―『漢文訓読』とプリンストン大学『古典中国語』―」,Proceedings of JASFL, Vol. 3, 1-14, 2009.