教員の紹介

山本 欣司 [やまもと きんじ] 教授

山本 欣司 教授
連絡先
kinji★mukogawa-u.ac.jp
(注)★を@に変えてお送りください。
ゼミブログ
山本ゼミブログ

2011年4月の着任で、ずいぶん武庫女になじんだ感じがします。それまでの10年間は、青森県にある弘前大学教育学部で教えていました。弘前は、夏は涼しく快適なのですが、冬は厳しく雪深い土地で、温泉や海の幸・山の幸を堪能しながら、文学研究のみならず、国語教育について考えてきました。
私は子どもの頃から小説が好きで、推理小説や歴史小説・SFなど読みあさっていましたが、高3の夏に文学に目覚め、近代文学の研究者になりました。フィクションがなくては生きていけないため、読書や映画鑑賞を欠かすことができません。授業では、一人でも多くの学生を小説好きにしようとたくらんでいます。
大学で文学の勉強をするのは、教養を身につけ学力を高めるためですが、言語表現そのものを学ぶことで、みなさんがコミュニケーションというものの豊かさ、面白さに目覚めてくれるといいなと思います。楽しみながら賢くなれたら最高だと思いませんか。

担当教科 短大:日本文学入門Ⅱ
大学:近代文学講読、演習Ⅰ、演習Ⅱ、卒業論文、大学院:日本文学研究、他
専門領域 日本近代文学
所属学会 日本近代文学会、日本文学協会、樋口一葉研究会、阪神近代文学会、他
経歴 1966年 京都市生まれ
1989年 立命館大学 文学部(日本文学専攻) 卒業
1995年 立命館大学大学院 文学研究科(日本文学専攻)博士課程 単位修得満期退学
2001年 弘前大学教育学部 国語教育講座
2010年 博士(文学)学位取得
2011年 武庫川女子大学文学部
主な業績
著書
・博覧会 (コレクション・モダン都市文化 第76巻、ゆまに書房、2012.7)
・樋口一葉 豊饒なる世界へ (和泉書院、2009.10)
・論集 樋口一葉 Ⅳ (おうふう、2006.11)
・〈新しい作品論〉へ、〈新しい教材論〉へ 評論編4 (右文書院、2001.11)
・論集 樋口一葉 (おうふう、1996.11)
・作家の世界体験―近代日本文学の憧憬と模索― (世界思想社、1994.4)
論文
・孤独を癒やすということ――アーノルド・ローベル「おてがみ」を読む―― (『学校教育センター年報』第4号、2019.2)
・ 別役実「愛のサーカス」を読む (『学校教育センター年報』第3号、2018.2)
・「泥の河」論――小栗康平の世界へ―― (『弘前大学教育学部紀要』102号、2009.3)
・芥川龍之介「蜘蛛の糸」を読む (『弘前大学教育学部紀要』98号、2007.9)
・立松和平「海の命」を読む (『日本文学』54巻9号、2005.9)
・「たけくらべ」と〈成熟〉と (『国文学 解釈と教材の研究』49巻9号、2004.8)
・後悔の深淵――「山月記」試論―― (『日本文学』47巻12号、1998.12)
・「十三夜」論――お関の「今宵」/斎藤家の「今宵」―― (『国語と国文学』71巻8号、1994.8)