大学院について

大学院修了式

武庫川女子大学大学院文学研究科日本語日本文学専攻には、修士課程(1971年設置。博士前期課程、2年間)と博士後期課程(1990年設、3年間)があります。大学院は男女共学です。修了生は、研究職はもちろん一般企業まで、多種多様な職種で活躍しています。

アドミッションポリシー

修士課程(博士前期課程)

学部教育の日本語日本文学に関する基礎的教養に磨きをかけて、専門性をもって社会で活躍できる職業人を育てることに努めています。幅広い専門的な知識を付与し、その専門性を社会的に活用する能力を身につけるための、実践的な教育と研究を行います。

博士後期課程

修士課程で培った専門性をさらに高め、自立した研究者となるための能力を養います。日本語日本文学のみでなく日本文化全般についての教養・知見を高め、社会において指導的な役割を担う研究者を送り出すことを目的としています。

求められる学生像

日本語日本文学専攻では、次のような方を歓迎します。

  • 日本文学・語学の面白さが分かってきたので、もうしばらく学業に専念したい方。
  • 国語科教諭や日本語教師といった仕事のために、もっと実力をつけたい方。
  • 学部で学んだことを基礎にして、今までとは違った方面の研究をしたい方。

大学院は学者への道というのは昔の話です。日本語日本文学専攻では、広く教養を身につけたい方から、専門職を目指す方まで、幅広い志願者を受け付けています。

日本語日本文学専攻の特色

1)広く社会へ眼を開く-昼夜開講制と社会人特別入試-

広く社会との連携をはかるため、1998年より昼夜開講制を導入。実社会で活躍するかたわら自己研修を求める社会人学生を歓迎しています。研究しながらも社会とのコンタクトを求める学生、海外からの留学生を含めてさまざまな年齢の学生が、仕事と学問の両立をはかりながら、生きた学問研究を行えるように体制を整えています。時間割にもバラエティをもたせ、標準年限での修了をサポートします。

2)国際的・学際的教養人をめざす-豊かな教養と国際的視野-

大学院の教育・研究は、社会一般、教育機関、さらに個々の生活と密着したものでなければならず、そのためには国際的・学際的な知識・技能が不可欠です。21世紀の今日、グローバル化の進む中、長い歴史をもつ日本語と日本文学を通して先人たちの考えや感情に迫って日本人としての独自性を確立すると同時に、国際的な視野をもった教養人を育成します。

日本語日本文学専攻の魅力

1) 少人数制の講義

大学院の講義は少人数精鋭。学部の受け身な講義形態とは異なり、院生一人一人が主体的に意見を発表し、議論に参加することが求められます。このような講義に参加することで、物事を論理的に考え、自身の意見を発表する能力が鍛えられます。また、教員と学生の距離が近いため、質問などもしやすく、より深い知識を習得することができます。

2) きめ細かな指導

日本語日本文学専攻では、院生一人につき一人の指導教授がつきます。学位論文作成にあたっては、指導教授とともに、自身の興味の方向性を見極め、研究テーマを丁寧に決定していきます。指導教授との個別指導だけでなく、年に数度の研究発表会も用意されています。研究発表会には大学院担当の教員及び、全院生が参加して、盛んな討論を行っています。他分野の教員の意見を取り込んで学位論文を執筆していけるので、より深く普遍的な論を展開していくことが可能です。

3)専修免許状の取得

すでに、教員免許状を持っている方なら、日本語日本文学専攻を修了することで「専修免許状」を取得することが可能です。また、学部で教職課程を履修されなかった方も、大学院在籍中に学部の教職科目を聴講することで、教員免許状を取得することができます。

4)他専攻科の講義の聴講

武庫川女子大学大学院では、院生が自分の専門分野に閉じこもるのではなく、専門外の分野にも興味を持っていくように勧めています。そのため、他専攻の講義を聴講することが可能です。英文学や教育学などの自身が興味のある講義を聴講し、より体系的な知識を習得することが可能です。

5)MFWIへの留学

院生アメリカ実習

日本語教育学を専攻する院生は、米ワシントン州にあるアメリカ分校(MFWI)へ約二ヵ月間、留学することが可能です。甲子園球場の12倍の自然豊かなキャンパスで、現地の文化を深く吸収しつつ、日本語教育実習に励むことができます。