日本文学近代文学専攻 S・Kさんの一日

S・Kさん時間割

文学研究科日本語日本文学専攻
修士二年生
日本文学近代文学専攻
指導教授 たつみ都志先生
修了後の進路希望 博士課程への進学

S・Kさんのとある木曜日

7時30分~9時00分 起床・身支度

院の講義は基本的にお昼から。そのため、朝はゆっくりとゆとりを持って身支度をすることができます。研究活動には体力を使うので、どんなに忙しくても朝ご飯はしっかりと摂るようにしています。

9時00分~10時30分 登校

自宅から大学までの距離がずいぶんあるので、登校には一時間以上かかります。この移動時間を利用して、バスや電車の中で読書をするようにしています。大学院の講義では、先生がいろんな文学作品を紹介してくださいます。そんなふうに講義で軽く触れられた他分野の本をも積極的に読むようにし、知識を増やしています。

院に進学してくるのは、文学好きな方ばかり。好きな作家や作品をそれぞれ持っています。
院生同志で本の貸し借りをすることも多く、日々、文学について熱く語り合っています。左写真はS・Kさんが他の院生から借りている本。お互いにいろんなことを教え合いながら、楽しく大学院生活を送っています。

10時45分~12時15分 講義(近代文学講読A)

大学院生も学部の講義を聴講することができます。今期は一回生で開講されている近代文学の講義を聴講しています。担当の明里先生は学生の意見を積極的に訊く先生です。学生に意見を発表させつつ、講義を進めていきます。一回生の意見には優れたものが多く、気づかされることもたくさんあり、研究を進めていく上で良い刺激となっています。
学部時代に受け損なった大学の講義を受講することができるのも大学院の魅力といえるでしょう。

12時15分~13時05分 お昼ご飯・お喋り

お昼ご飯は他の院生と食べることが多いです。研究に関する悩みを相談したり他愛のない雑談をしたりしつつ、楽しく食事をしています。研究分野の違う院生の話が自身の研究テーマの大きなヒントになることもよくあります。ですから、他分野の抱える問題点などを院生みなで共有し、考えることで、知識や論理力を深めていっています。

研究室には立派な書架があります。書架には作家の全集や主要な学術雑誌のバックナンバーが並んでいます。研究に必要な辞書・辞典類も揃っているので、快適に文学研究をしていくことができます。

13時05分~15時35分 図書館で読書

大学院の研究室は図書館棟の10階にあります。そのため、ちょっと思い立ったときにすぐに図書館に移動することができます。文学専攻の院生は図書館で空き時間を過ごすことが多く、図書館のいろんなジャンルの蔵書に目を通し、知識を深めていっています。面白い本があったら、他の院生に紹介し、“楽しい”を皆で共有するようにしています。

大学院生になると、図書館内の研究個室を使用することができます。発表会前はこの個室に籠り、レジュメ等を仕上げていきます。また、この個室で読書もします。
最近、S・Kさんは本の挿絵や絵巻物を見ることに熱中しており、研究個室の机いっぱいに本を広げて、書物の世界にのめり込んでいます。
絵巻や挿絵も作品解釈のひとつですから、その絵を見ることで新たな発見があるそうです。

15時50分~16時20分講義(日本文学研究Ⅱ)

日本文学研究Ⅱは羽生先生の近世文学に関する講義です。出版メディアという観点から近世文学を読み解いていきます。谷崎潤一郎を始めとする近代の作家は、近世文学の知識が豊富で、西鶴や近松から多大な影響を受けています。ですから、近世文学を深く知ることは近代文学の読みを深めることに繋がっていきます。
また、羽生先生はその作品が描かれた時代背景や出版事情にも目を向けて作品を読み解いていくという研究方針をお持ちです。そんな羽生先生の研究方法も勉強になります。いろいろな知識を身につけることのできる日本文学研究Ⅱは大好きな講義のひとつです。

16時20分~18時00分 研究指導準備

毎週木曜日の18時から、指導教授のたつみ先生に論文指導をしていただきます。指導をしていただく前は自身の考えをまとめ、図書館に資料を確認しに行ったりしています。
先生に見ていただくことを考えて、言葉足らずな箇所を書き加えたり、日本語がおかしい点を正したりして、指導に備えます。

大学院生は研究ノートや研究メモというものをそれぞれ持っています。左はS・Kさんの研究メモ。論文や作品を読んでいて気付いたことをA4の紙に書き込んでいきます。これらのメモが集まって、論文やレジュメが完成します。
これらの研究メモは失くさないようにノートに張り付けていくのですが、S・Kさんはすでにノート二冊がいっぱいになるぐらいの量の研究メモを書き上げています。

18時00分~20時00分 研究指導

18時からは指導教授のたつみ先生に論文の進み具合を確認していただきます。論文指導に加え、進路の悩みやゼミの同級生の近況報告といった雑談もします。たつみ先生のことは研究者としてはもちろん一人の女性としても尊敬しているので、先生と過ごす時間はとても楽しく、充実しています。

左 たつみ先生指導風景
院生と指導教授の距離はとても近しいです。指導教授の先生には研究に関することだけでなく、いろいろなことを相談し支えになっていただきます。
また、指導の先生が学会発表をされる時には、そのお手伝いもし、指導の先生の良い所を吸収していくようにします。

20時00分~21時30分 帰宅

大学を後にするのはいつも20時近くになります。電車の中では、先生に指導していただいたことを反芻し、自身の論をより堅固なものにしていきます。

21時30分~22時30分 夕食

自宅に帰ったら家族と話しながらゆっくりと夕食を楽しみます。何をするにも体力は必要ですから、健康を考えた栄養価の高いものをしっかりと口にするように心がけています。

22時30分~23時30分 入浴

大学院生活は意外と体力を使います。お風呂にはゆっくりと入り、疲れをため込まないようにします。

23時30分~26時30分 発表会準備

大学院では自身の論文の進捗状況を報告する研究発表会があります。その発表会で、より良い発表ができるように、パワーポイントを作成したり、レジュメをまとめたりして、準備をしていきます。この日は三時間ほどその準備に時間を使いましたが、調子が良い時は明け方まで勉学に勤しみます。

論文を執筆していくのはとても体力を使います。そのため、院生の皆さんはそれぞれに癒しグッズを持っています。左はS・Kさんの癒しグッズ。動物の写真と本。
書籍の中では特に『育夫ノススメ』がお気に入り。主人公である恭子の生きざまを見ていると、前向きになり、頑張ろうという気持ちになるそうです。また、鳴尾ゆかりの作家、佐藤愛子さんの作品もお気に入り。

26時30分~ 就寝

床に就くのはいつも二時を過ぎます。
明日も元気に研究に励めるように睡眠はしっかりと取ります。


以上が院生S・Kさんの一日です。
『小公女』や『若草物語』といった良質の児童文学作品に囲まれて成長したS・Kさんは心から文学作品を愛しています。大学院に入り、論文執筆など大変なことも多いですが、文学を深く学んでいくことができ、とても楽しいとS・Kさんは語ってくださいました。また、大学院に入学し、文学好きな友達に多く恵まれたのも幸せとのことでした。
S・Kさんのように文学をもっと深く学びたい方は院への進学を考えてみてはいかがでしょうか? 素敵な出会いがあなたを待っているはずです!

文章作成:小西美来