ゼミブログ / 野畑ゼミ

短期留学生との交流

posted on

7月13日に、本学の短期留学生(SIJ: Study in Japan program)をゼミに招き、交流する機会を持ちました。実は7月6日の予定でしたが、大雨のために一斉休講となってしまい、SIJプログラムの授業終了日に延期しての交流となりました。   集合写真  

グループで話す動画も用意してくれました

実物を準備してくれました!

グループで話す

グループで話す 楽しく自己紹介

今回ゼミ生ちが準備したのは「日本の生活文化」の紹介。テーマを「私と文化」として、自身と文化とのかかわりが見えてくるように、「私は~」という文章をたくさん入れてチームごとに紹介を考えてもらいました。選んだテーマはコンビニ、ゲーム、アイドルなど様々。パワーポイントを準備し、話し方を工夫しながらわかりやすく紹介してくれました。一方SIJの皆さんは、日本での嬉しかったことや大変だったことを書いて作った「SIJ新聞」を紹介しながら、日本での経験について話してくれました。

★ゼミ生の感想★

本日、SIJの皆さんを迎えて交流会を開きました。
ゲームで遊んだり、自分たちで作成した日本の文化についてのPPTを発表したり、留学生の日本での生活について聞きました。
自分たちで作ったPPTについて行ってみたいや、食べてみたいなどの感想をもらったときは自分たちが考えた内容が伝わったんだと分かり嬉しかったです。
外国の同年代の人たちと話す機会はなかなかないので、良い経験となりました。(3年 岡本佳奈)

Writer

Profile

野畑 理佳 准教授

野畑 理佳 准教授

2016年4月に本学に着任しましたが、それまでは世界各国からのさまざまな日本語学習者に日本語を指導していました。
言葉が好き、日本語そのものが好き。そして異文化への憧れ、世界のさまざまな人への興味。そんなところから私の「日本語教育」に携わる人生がスタートしたように思います。
「言語教育は、その言葉が話せれば誰でもできる。」そんなイメージがあるかもしれません。しかし一旦教室に入れば、ただ日本語の知識だけでなく、日本語そのものや教材の分析力、授業のデザイン力、教師としての内省力、世界の様々な学習者の背景についての知識、異文化に対する配慮、新しい指導法の研究など、さまざまなスキルが求められます。
そんな世界について、自身の経験を交えながら、皆さんに伝えていこうと思います。

日文ナビについて

日文Naviでは、 武庫川女子大学 文学部日本語日本文学科、 短期大学部日本語文化学科 に関する情報を発信していきます。