ゼミブログ / 野畑ゼミ

短期留学生との交流会(3年ゼミ)

posted on

7月8日(月)の1限目、本学の短期留学生(Study in Japan program)の留学生とゼミ生(3年生)との交流を行いました。

IMG_0897 (1)今回はアメリカ、オーストラリア、台湾からの7名をお迎えし、ゼミ生による日本の生活文化の紹介や、留学生からのインタビュー活動を行いました。「生活文化の紹介」は、よく紹介される伝統的な文化ではなく、身近な生活の中の文化を取り上げてもらいましたが、どのグループもPPTを駆使して、わかりやすい日本語を使ってうまく伝えていました。ゼミの時間とスケジュールが合わず、月曜日の1限目に交流会を企画することになってしまいましたが、みな頑張って参加してくれました。

【ゼミ生より】 野畑ゼミではSIJの皆さんと交流会を行いました。

交流会では、アイスブレイクやゼミ生から生活に根ざした文化紹介、SIJの皆さんからのインタビューに答えるなどの活動を行いました。はじめはゼミ生もSIJの皆さんも緊張した様子でしたがアイスブレイクや自己紹介を行い、和気あいあいと交流を行うことができました。SIJの皆さんはとても日本語が上手で驚きました。「日本のどんなところが好きですか」と質問したところ、「なにもかも好きです」と答えてもらえたのは嬉しかったです!

個人的には昨年MFWIに留学した時に出会ったRAと再会できたことが印象的でした。フリートークでは、好きな料理や週末どこに行くかなどの話をしました。海外の同世代の学生と交流できる貴重な体験でした。(稲田真歩)

IMG_0899  IMG_0892 IMG_0880

IMG_0850 IMG_0853  IMG_0859

 

Writer

Profile

野畑 理佳 准教授

野畑 理佳 准教授

2016年4月に本学に着任しましたが、それまでは世界各国からのさまざまな日本語学習者に日本語を指導していました。
言葉が好き、日本語そのものが好き。そして異文化への憧れ、世界のさまざまな人への興味。そんなところから私の「日本語教育」に携わる人生がスタートしたように思います。
「言語教育は、その言葉が話せれば誰でもできる。」そんなイメージがあるかもしれません。しかし一旦教室に入れば、ただ日本語の知識だけでなく、日本語そのものや教材の分析力、授業のデザイン力、教師としての内省力、世界の様々な学習者の背景についての知識、異文化に対する配慮、新しい指導法の研究など、さまざまなスキルが求められます。
そんな世界について、自身の経験を交えながら、皆さんに伝えていこうと思います。

日文ナビについて

日文Naviでは、 武庫川女子大学 文学部日本語日本文学科、 短期大学部日本語文化学科 に関する情報を発信していきます。