香港からの小学生との交流

posted on

IMG_4244IMG_6156IMG_6157

 

 

 

 

 

 

 

7月16日午後、香港SFC小学校(St. Francis of Assisi’s English Primary School)の小学生30名との交流をしました。(詳細は以下をご参照ください)https://www.edusys.jp/mukogawa-u/publicity/newsdetail?id=3189   http://jcll.mukogawa-u.ac.jp/navi/4631/

小学生達は午前は”英語で読む日本”授業にて日本の遊び体験、日本舞踊部による日本舞踊の体験に参加しました。

午後は上田ゼミ(書道教室)との野畑ゼミ(和室)のに分かれての活動です。

和室では、まずお茶とお菓子で休憩してもらいましたが、その後百人一首を使ってゼミ生たちと坊主めくりを楽しみました。日本語がほとんどわからない子どももいる状態で、なるべく言葉を使わなくても楽しめるゲームにしましたが、坊主めくりのルール説明のときには英語、日本語、広東語が飛び交い、これぞ多言語でのコミュニケーションという空間が生まれました。

☆ゼミ生の感想

まずは、暖かいお茶と和風のお菓子をお出しし、お互いに自己紹介をしました。日本語を学習していない子もいましたが、30分漬けだという日本語で、頑張って自己紹介をしてくれました。「どうぞよろしく」とはにかむ小学生に、緊張していた私たちも和むことができました。
そのあとは、一緒に坊主めくりをしました。坊主めくり、特に蝉丸のルール説明に、子どもたちは食い付き、とても良い反応を示してくれました。実際にゲームを始めたときも、どんでん返しが何度も起き、大盛り上がりでした。
最後には、一緒に坊主めくりをした子から、それぞれ香港のお土産を頂きました。お土産はそれぞれ違い、私は金属でできた綺麗な飾り皿を頂きました。
あまり日本語で会話をすることはありませんでしたが、言葉を交わさずとも、共に楽しめた良い経験になりました。一瞬で時間が過ぎた、充実した交流会でした。(前中詩織)
IMG_4235

IMG_4208

 
IMG_1165

IMG_4226

 

 

 

 

 

Writer

Profile

野畑 理佳 准教授

野畑 理佳 准教授

2016年4月に本学に着任しましたが、それまでは世界各国からのさまざまな日本語学習者に日本語を指導していました。
言葉が好き、日本語そのものが好き。そして異文化への憧れ、世界のさまざまな人への興味。そんなところから私の「日本語教育」に携わる人生がスタートしたように思います。
「言語教育は、その言葉が話せれば誰でもできる。」そんなイメージがあるかもしれません。しかし一旦教室に入れば、ただ日本語の知識だけでなく、日本語そのものや教材の分析力、授業のデザイン力、教師としての内省力、世界の様々な学習者の背景についての知識、異文化に対する配慮、新しい指導法の研究など、さまざまなスキルが求められます。
そんな世界について、自身の経験を交えながら、皆さんに伝えていこうと思います。

日文ナビについて

日文Naviでは、 武庫川女子大学 文学部日本語日本文学科、 短期大学部日本語文化学科 に関する情報を発信していきます。