去る1月28日に実施された文章読解・作成能力検定の結果が届きました。

日文学科(大学・短大)の学生15名のうち、2級を8名、準2級を7名が受験して、どちらも6名、計12名が合格しました!

この検定は、日文学科の短大必修科目「日本語ライティング」と大学必修科目「日本語表現演習」の内容に沿っていて、「読み解き伝える力」を「測る・育てる」ものです。

1年間勉強したことを試してみよう、とチャレンジした学生たちが大きな記録を達成してくれました。