5月23日~26日、日文学科では「日下・フォッシーン交換教授」として、米国ワシントン州イースタンワシントン大学よりマイケル・ズコスキー博士をお迎えしました。ズコスキー先生のご専門は言語人類学で、中国カザフ族の言語と文化をフィールドに研究を進めておられます。本学滞在中に日文学科の4つの授業に参加し特別講演をしてくださいました。
「英語で読む日本Ⅰ(大日2年)」(佐藤教授)、同(野畑准教授)と「日本語教育学入門(大日1年)」(上田教授)では、カザフ族の言語や中国における複言語政策についてのご講演でした。すべて英語で行われましたが、学生は受講前に事前学習をして臨んでいました。英語で質問が出たクラスもありました。
IMG_1863「日本語教育学演習(大学院)」(上田教授)では、院生それぞれの研究分野と手法に対して文化人類学者のお立場から助言をいただくことができました。
日文生は、いつもに増して知的刺激を受けた1週間だったようです。