大日3年三好彩夏さんの留学たよりが届きました。充実した毎日のようですね。

**********************************

つい先日まで蛙の鳴き声が聞こえていたと思えばいつの間にか蝉が鳴き始め、韓国も本格的な猛暑が続いています。ここ数年間は雨の降らない梅雨だったため、干ばつや水不足の恐れもあったそうですが、今年は例年よりも雨が降り、日本での生活よりも頻繁に雷の音を耳にしているように思います。

7月上旬に同学科の友人3人がソウルに遊びに来る機会があり、丁度私もソウルに行く予定だった為、韓国人の友人も交えて5人でホンデや高速バスターミナル、カロスキルをまわりました。日本人の友人は韓国語が分からず、韓国人の友人も日本に興味はありますが日本語の勉強を始めて間もない状況だったので、私が通訳をしながらの交流でした。まだまだ拙いながらに頭をフル回転させてコミュニケーションを取ることで、とても良い経験が出来たと思います。国籍が違う人同士のコミュニケーションの橋渡しをするという経験が、多少の自信に繋がり、さらに勉強に対する意欲が向上したと感じています。なによりも異国の友人同士が友人になってくれたことがとても嬉しく、旅行はいつも楽しいものですが、今回は特により一層楽しい時間を過ごすことが出来ました。

同時期に9月の学術祭で行う出し物の練習が始まりました。学術祭では各学科が幾つかの出し物や発表をするらしく、私は日文学科の1年生と共に踊りをすることになりました。踊りと言っても最近のHIP-HOPではなく、花笠音頭と津軽あいや節です。韓国に居ながら日本の伝統的な音楽に触れるということに少し不思議な感覚を覚えますが、これも異国を通して自国を知るという事ではないかと考えています。この練習で初めて知り合った1年生も多く、仲を深めつつ本番に向けて精一杯頑張ろうと思います。

そしてつい先日、韓国人の友人2人と1泊2日の釜山旅行に行ってきました。初日は甘川文化村や国際市場、釜山タワーなどの観光地に行き、デジクッパやホットクなどの美味しいものを食べ、海が見えるスパに宿泊しました。このスパはヘウンデ海水浴場の近くにあるため、大浴場や睡眠室からヘウンデが一望出来ました。翌日は急遽ヘウンデ海水浴場で遊ぶことになり、小学生ぶりと言っても過言ではないくらい久しぶりに海に入りました。有名な海水浴場なので国籍関係なくかなり大勢の人で賑わっていました。まさかヘウンデで海に入って遊ぶなんて全く想像もしていませんでしたが、照りつける日差しの中で冷たい海に入ることで、夏らしくとても気持ちの良い時間を過ごすことが出来ました。1泊2日という短い旅行でしたが、プサンを堪能し、とても充実した2日間でした。

時間が経つのは早いもので、10ヶ月の留学期間の中の半分が終了しました。来週には語学堂の夏学期が終わり、9月からいよいよ学科の講義を受けることになります。悔いの無い様、勉強も遊びも全力で、残り半分の留学生活を楽しみながら過ごしたいと思います。