韓国大田広域市にある韓南大学校(本学協定校)で、8月14日~19日、日本語教育実習を行いました。

参加者は大日4年2名、3年4名の合計6名です。3年生は「日本語教育インターシップ」履修生で、国内実習参加者とともに実習に向けた準備に取り組んできました。また「日本語教授法実習」では模擬授業も体験し、授業の展開についてのシュミレーションはできていた、はずでした。

現地の先生に教案添削などの指導を受けていたとはいえ、やはり準備不足を実感していたのでしょうか。空港からの移動中もずっと教案を手放さない学生もいました。引率者の私は(笑)、といっては不謹慎でしょうか、これから始まる様々な体験を思い描きながら、皆さんと一緒に旅をしました。

結果から言うと、授業はもちろん韓南大学校の学生さんたちとの心温まる時間はあっという間に過ぎていき、最終日バスターミナルでのお別れは、涙、涙でした。6日間の出来事については上田ゼミHPでご紹介します。