大日3年 三好彩夏さんの留学報告です。いよいよ留学生活も後半になりますね。

********************

夏休みも終盤となり、韓国では気温差が大きくなってきました。日差しが強い日は依然としてありますが、時折肌寒い風が吹き、夜は気温が20℃を下回ることが多く、秋の訪れを感じています。

8月上旬に語学堂夏学期の期末テストと修了式が行われました。中間テストは何日かに分けて行われたテストを、期末では午前中で3科目全て行い、夕方から修了式を行うという日程でした。期末前は勉強のほかにもやらなければならないことが多く、正直とても大変で、慌しい中でも勉強時間を確保することの大変さと大切さを改めて感じました。修了式での成績発表の結果、私は3級Bクラスで1位を取ることができました。春学期はクラスで2位の成績だったため、悔しい気持ちをバネにして夏学期は1位を取ることを目標にしていたので、とても嬉しかったです。しかしここで満足せず、このモチベーションを保ちながら、今後も韓国語能力の向上に向けて努力していこうと思います。この日の昼食は同じクラスの友人達と一緒に食べたのですが、2日後が私の誕生日だということで、サプライズでケーキを用意してくれていました。皆でピザとケーキを食べながら好きなアーティストの動画を見たり、写真を撮ったり、とても楽しい時間を過ごしました。まさかそんな準備をしてくれているとは夢にも思わなかったので、本当に驚いたと同時に感謝の気持ちで一杯で、一生忘れることの出来ない思い出になりました。大学院進学や大学進学、帰郷など様々な理由で今学期が最後だという友人もいた為、授業以外の時間でこうして最後まで親睦を深めることが出来て良かったです。

修了式の翌日から夏休みが始まり、2週間ほど日本に帰省しました。約半年ぶりに会う友人や先輩方と話をする中で話題に上がることは、やはり就活についてでした。インターンに参加した友人や就活中の先輩、新卒で社会人になった先輩の話を聞くことで刺激を受けました。留学中でも常に頭に置いておかなければならない問題であり、留学が終わればすぐに向き合わないといけない試練だと言える大きな出来事です。就活において自分の強みに出来るよう、この留学中に沢山の事を経験し、考え、自分の糧にしたいと思います。

そして先日、留学生オリエンテーションが行われ、新しいドウミが決定しました。9月1日には語学堂秋学期と学科の履修登録が始まります。前期とはまた少し違った環境の中で自分がどれだけ多くの事を吸収できるかが大切になる後期、楽しみながら努力をしていけるよう、残りの4ヶ月も精一杯頑張ろうと思います。