11月12日(火)、大学・短大1年生の初期演習の時間に、伝統芸能鑑賞講座が行われました。

能楽師の梅若基徳先生、上野雄介先生をお招きして、能の歴史や概要について、また装束、面、扇についても、詳しく解説していただき、最後に仕舞「羽衣」を鑑賞しました。
これまであまり能に触れたことのない学生も多かったようですが、関心を持つよいきっかけとなったようです。

梅若先生、上野先生、ありがとうございました。